1. Top
  2. RPA
  3. MICHIRU RPAでできること

MICHIRU RPAでできること

MICHIRU-RPAでできること

画像認識で動作するため、操作対象のアプリケーションの構造に左右されず操作できます。

極端な話ですが
MICHIRU-RPAが動作保証しているのはWindowsの環境のみです。

しかし、Windowsで動く、仮想OSやリモートデスクトップも操作することも可能です。
極端な話ですが、WindowsのAS/400のエミュレーターで、キャラクターベースの画面をRPAで操作する。そんな事も考えられます。

100%動作の保証はできませんが、
Windows上の画面をキャプチャしてその上でのマウスやキーボード操作をデザインして自動化タスクを作るというMICHIRU-RPAのコンセプトであれば、可能性があるという事です。

当然、できる事、できない事あります。
業務の要件を整理して、 効果と動作の検証して導入へ。
それが RPA導入の流れです。

パソコン研修

小さな会社のRPAの導入は自らの手で

小さな会社のRPA導入は、業務を自らの手で業務を分析して、現場の人がタスクを育てていく感覚で、業務の見直しと、タスクの自動化をメンテナンスしながら進めていくのがいいと感じています。

MICHIRU-RPAブートキャンプでは基本的なタスク作成の操作方ほの習得と
1か月間のお試しライセンスがついています。
自社のどんな業務に適用すると効果的なのか、検証してみてください。